前へ
次へ

家族葬で喪主がすべきことは

家族葬は身内だけでとりおこなうので、喪主がやることはあまりないのではと考える人もいるようです。
でも実際には家族葬で喪主がやることはたくさんあります。
まず、役所での手続き関係がいろいろとあります。
死亡届と死亡診断書を提出して、火葬許可証を受け取らなければなりません。
もちろん、葬儀社に相談すればアドバイスをもらえますし、手伝ってもくれるので安心してください。
参列者への連絡や前準備は、ほとんど葬儀社と相談しながら進めればスムーズに進みます。
当日は家族葬なら参列者と言っても身内や親しい友人だけなので、そこまで形式ばる必要はありません。
どちらかというと事前の準備のほうが大変なので、葬儀社との打ち合わせは詰めておきましょう。
お通夜でも告別式でも、喪主の仕事は故人の傍から離れないことと、弔問者にお礼を述べることです。
事前の段取りができていれば葬儀社に任せることができますし、できるだけゆっくり見送る時間を取りましょう。
葬儀が終わったら、葬儀に呼ばなかった方への対応が大切です。
亡くなったことの報せと、無事に葬儀が終わったこと、参列の案内をしなかった理由などをしっかり伝えて納得してもらいましょう。

Page Top