前へ
次へ

家族葬は今後の主流に

最近、会社での飲み会などの機械はずいぶん減ってきました。
これは私の会社だけではなく、日本全体でその傾向があることは伝えらえており、会社とプライベートは別という考えが主流になってきたことが要因と言われています。
一般に、会社で人がなくなった場合、会社の主要な関係者はお通夜、あるいは葬儀に出席するというのが普通でした。
さらに、香典を組織として準備し、役職によっては多くの参列者が参列するといったことが当たり前でした。
しかし、この傾向もややなくなってきており、仕事以外の関係者のみでひっそりと葬儀を行うことが増えてきています。
この傾向はさらに強まることが予想されており、家族単位での家族葬で済ませる人が多くなるのではないでしょうか。
実際、私の両親の意向としても家族葬を希望しており、最近では自分も同様に家族葬で十分、という気になってきています。
要は、形を重んじた風習は、時代遅れだとみんなが感じ始めたのだと思います。

Page Top