前へ
次へ

家族葬でのトラブルは、事前に対策を考える

身内だけで行うイメージが強い家族葬は、後々トラブルが起きる場合もあります。
生前の間に、家族葬を決められている場合は、あらかじめトラブルが起きない様に考えとくのも大切でしょう。
最もトラブルが多いのは、故人が亡くなった状況が分からなくなってしまう話です。
亡くなる故人の中には、先の未来に対しての約束事や、何かしらの貸し借りがある場合もあるでしょう。
生まれた時から、ずっと人生を一緒に歩んでいる幼馴染がいる可能性もあるのではないでしょうか。
実際の話として、家族葬には決められた定義はなく、親しい友人等の参列も可能です。
ご近所付き合いがある場合においては、今後のお付き合いのために、参列をお願いするのもお勧めです。
親戚の中には、葬式に対する価値観も違い、喪主に近い身近だけで決めると、親戚同士で揉めてしまうかもしれません。
生前において、予め家族葬が望ましいと伝えておけば、本人の気持ちとして納得できる話ではないでしょうか。
実際に言葉として伝えるのに抵抗感がある場合は、日記やメモ帳などに書き残しておくのもできるでしょう。

Page Top