前へ
次へ

希望が通る家族葬の魅力

葬儀の準備に慌てる光景を目の当たりにし、早々と生前相談に訪れる、そうした終活者が増えています。
自分に合った葬儀社を選択することができますが、実際にお世話になるのは喪主や遺族ですから、ベストパートナーとなり得るのかを判断するならば、家族も交えて生前相談しましょう。
事前準備をしておらず、葬儀を終えた後々の話を耳にすれば、多くの場合、病院から紹介された葬儀社に依頼した結果、予想以上に費用がかかってしまった金額での問題であったり、気が動転してしまい打ち合わせの内容が頭に入らない精神面の問題、思い通りの葬儀にならなかった後悔などが持ち上がっています。
そして一般葬では故人の希望を聞いておけば良かったという後悔も少なくないようで、その点をカバーするのも家族葬です。
一般葬では、故人よりも訃報を聞きつけて駆けつける会葬者への感謝を込め、祭壇を造り、ベーシックとなる告別式を行います。
ですが、誰に邪魔立てされることもなく、時間の許す限り思い思いの別れの時間を設けることができる家族葬は、故人の希望を家族が承諾していれば可能なのです。
一般葬は、世間体が優先されやすく、家族葬との大きな違いでもあります。

Page Top